食べ物・料理

「サイダー」と「ソーダ」の違いは、味の有無だけ!

「サイダー」と「ソーダ」の違いは、以下の通りです。

  味の有無 意味の違い 使い分け
サイダー 甘い清涼飲料水 味がついているものに使われる
ソーダ 炭酸水 味がついていないものに使われる

より詳しい説明を知りたい方は、この記事の下で解説していますので、ぜひ読んでみてください。

スポンサーリンク

「サイダー」と「ソーダ」それぞれの意味

「サイダー」の意味

「サイダー」の意味は、「炭酸水に甘味料や酸味料、香料などを加えたもの」です。

語源は、りんご酒を意味するフランス語の「cidreシードル)と言われています。

「ソーダ」の意味

「ソーダ」の意味は、「炭酸水全般」です。炭酸ガスが溶け込んだ水のことを指します。

そのため、「サイダー」はソーダ水の一種になります。

「ソーダ」は炭酸水なので、そのままでは味がありません。

「サイダー」と「ラムネ」って何が違うの?

「サイダー」と味がそっくりなものに「ラムネ」があります。実際、「サイダー」と「ラムネ」は中身は一緒です。違いは、「ビー玉が入っているかどうか」だけです。

  違い 違い(語源)
ラムネ

ビー玉が入っているもの

レモン水を意味するレモネード(lemonade)がなまったもの
サイダー ビー玉が入っていないもの りんご酒を意味するフランス語のシードル(cidre)

ラムネの瓶にビー玉が入っている理由は?

「ラムネ」は、元々イギリスで生まれた炭酸飲料で、昔はコルク栓で蓋をしていました。

ところが、これではうまく密封できず炭酸が抜けてしまったため、1872年にハイラム・コッド氏がガラス玉で栓をする方法を考案しました。

つまり、炭酸が抜けないようにするために、瓶にビー玉が入れられています。
 

スポンサーリンク

サマリー

「サイダー」と「ソーダ」の違いは、味がついているかどうかだけです。

  味の有無 意味の違い 使い分け
サイダー 甘い清涼飲料水 味がついているものに使われる
ソーダ 炭酸水 味がついていないものに使われる