永遠」と「永久」は、両方とも「ある状態が限りなく続いていくこと」という意味を持ち、違いはありません。

しかし「永遠」にだけ、「時代を超えて存在する」という意味があるという違いがあります。

意味の違い 使い分け
永遠
  • ある状態が限りなく続いていくこと
  • 時代を超えて存在すること
  • 永遠の愛(その人が亡くなっても、来世でも愛し続けること)
  • 永遠の名曲(その人が亡くなっても、何世代に渡って語り継がれること)

 

永久 ある状態が限りなく続いていくこと 永久の愛、永久の名曲という使い方はしない

より詳しい説明を知りたい方は、この記事の下で解説していますので、ぜひ読んでみてください。

スポンサーリンク

「永遠」と「永久」の違いとは?

読み方

永遠・・えいえん・とわ
永久・・えいきゅう・とこしえ

基本的な意味は同じ

どちらも「ある状態が限りなく続いていくこと」という意味を持ち、違いはありません。

「永遠」と「永久」の違い

永遠」にだけ、「時代超えて存在する」という意味があるという違いがあります。

時代を超えて存在する」という意味の有無
永遠 ある
永久 ない

「永遠」と「永久」の使い分け

意味の違いはありませんが、以下のような使い分けがされています。

使い分け 用例
永遠 主に精神的なものに対して使われる(思考気持ちなど)
  • 永遠の愛
  • 永遠に語り継がれる
  • 永遠の繁栄
永久 主に物質的なものに対して使われる(目に見えるもの形があるもの
  • 永久
  • 永久脱毛
  • 永久

「永遠」と「永久」の英語表現

「永遠」と「永久」の英語表現は、どちらも同じ「eternity(エタニティ)」です。

英語表現
永遠 eternity(エタニティ)
永久

 
 

スポンサーリンク

サマリー

  • 永遠」と「永久」は、両方とも「ある状態が限りなく続いていくこと」という意味を持ち、違いはない
  • 永遠」にだけ、「時代を超えて存在する」という意味がある
  • 永遠」は、主に「精神的なもの」に対して使われる
  • 永久」は、主に「物質的なもの」に対して使われる
意味の違い 使い分け
永遠
  • ある状態が限りなく続いていくこと
  • 時代を超えて存在すること
  • 永遠の愛(その人が亡くなっても、来世でも愛し続けること)
  • 永遠の名曲(その人が亡くなっても、何世代に渡って語り継がれること)
永久 ある状態が限りなく続いていくこと 永久の愛、永久の名曲という使い方はしない