違いと使い分け!

「配布」と「配付」の違いは、配る対象の範囲だけ!

「配布」と「配付」の違いは、配る対象が「不特定多数」か「特定の人」かです。

意味の違い 使い分け 配るもの
配布 不特定多数に配ること 広い範囲に行き渡らせる時に使われる
  • ポケットティッシュ
  • チラシ
  • フリーパーパーなど
配付 特定の人に配ること 一人一人に手渡すに使われる
  • 会議の資料
  • 答案用紙
  • 会議の議事録など

ただし、公的文書や公用文では「配付」に統一されています。この記事の下で解説していますので、ぜひ読んでみてください。

スポンサーリンク

配布と配付の違いとは?

読み方

配布・・はいふ
配付・・はいふ

意味の違い

配布・・不特定多数の人に、行き渡らせること
配付・・特定の人に、直接配ること

「配布」と「配付」それぞれの意味

「配布」の意味

「配布」の意味は、「不特定の相手に配ること」です。

「配布」の「布」は、「広く行き渡らせる」という意味があり、不特定多数に向けて配ることを表す言葉です。

  • 駅前で、ポケットティッシュを配布する。
  • フリーペーパーをラックに入れて配布した。
  • レストランのチラシを配布する。

「配付」の意味

「配付」の意味は、「特定の相手に配ること」です。

「配付」の「付」は、「手渡す」という意味があり、特定の人に向けて配ることを表す言葉です。

  • 会議の出席者に資料を配付する。
  • 答案用紙を配付する。
  • 会議の議事録が配付された。

配布と配付の使い分け

ビジネスシーンや日常生活での使い分け

使い分け
配布 広い範囲に行き渡らせる時に使われる
配付 特定の人、1人1人に配る時に使われる

「公的文書」や法令などの「公用文」での使い分け

昭和29年11月に制定された「法令用語改正要領」では、「配布」に統一されています。

そのため、国や公共団体が作成する「公的文書」や法令などの「公用文」では、原則として「配布」が用いられています。

  • マイナンバー配布
  • 国勢調査の調査票配布

ただし交付税譲与税配付金特別会計など特別な場合に限り、「配付」が使われています。

また、新聞やテレビなどの報道でも、新聞協会の統一基準に基づいて、「配布」を使うことになっているそうです。

配布と配付の英語表現

「配布」と「配付」の英語表現は、どちらも「distribution」です。

英語表現
配布 distribution
配付

 
 

スポンサーリンク

サマリー

  • 「配布」と「配付」の違いは、配る対象が「不特定多数」か「特定の人」か。
意味の違い 使い分け 配るもの
配布 不特定多数に配ること 広い範囲に行き渡らせる時に使われる
  • ポケットティッシュ
  • チラシ
  • フリーパーパーなど
配付 特定の人に配ること 一人一人に手渡すに使われる
  • 会議の資料
  • 答案用紙
  • 会議の議事録など