「羽」と「羽根」の意味は辞書的には同じで「鳥や昆虫が飛ぶ時に使うもの」を指しますが、以下のような使い分けがされています。

意味の違い 状態
鳥の翼や全身を覆っている羽毛、昆虫のはね 体にくっついている
羽根 鳥や昆虫から抜け落ちて、バラバラになったはね 体から離れてバラバラになっている

「羽」と「羽根」の違いは、「はね全体」か「はね1枚1枚」かですが、より詳しい説明を知りたい方は、この記事の下で解説していますので、ぜひ読んでみてください。

スポンサーリンク

羽と羽根の違いとは?

読み方

・・はね
羽根・・はね

意味の違い

違い 状態
はね全体 体にくっついている
羽根 はね1枚1枚 体から離れてバラバラになっている

「羽」と「羽根」それぞれの意味

「羽」の意味

「羽」の意味は、鳥の翼や全身を覆っている羽毛、昆虫のはねのことです。

「羽根」の意味

「羽根」の意味は、鳥や昆虫から抜け落ちたはねの1枚1枚、またはそれを加工したり、それを模したもののことです。

  • 加工したものの例・・・「羽根ペン」「赤い羽根」など
  • 模したものの例・・・「バトミントンのシャトル」「ヘリコプターのプロペラ」など

羽と羽根の使い分け

「はねが体にくっついているのか離れているのか」で使い分けができます。

状態 はね 意味 用例
体にくっついている はね全体 クジャクがを広げている
体から離れている 羽根 はねの1枚1枚 クジャクの羽根を拾った

 
 

スポンサーリンク

サマリー

「羽」と「羽根」の意味は、どちらも「鳥や昆虫のはね」を指します。

意味の違い 状態 用例
鳥の翼全身を覆っている羽毛昆虫のはね 体にくっついている クジャクがを広げている
羽根 鳥や昆虫から抜け落ちてバラバラになったはね 体から離れてバラバラになっている クジャクの羽根を拾った