「怒る」と「叱る」の意味は、「どちらも誰かに対して厳しく接する」点では同じですが、「誰のためか」という点では全く異なります。

誰のためか 意味の違い
怒る(おこる) 自分のため 自分の中にある腹立たしい感情を爆発させること
叱る(しかる) 相手のため 悪い点や好ましくない点を注意すること

使い分けなど、より詳しい説明を知りたい方は、この記事の下で解説していますので、ぜひ読んでみてください。

スポンサーリンク

怒ると叱るの違いとは?

読み方

怒る・・おこる、いかる  ※一般的には「おこる」が使われる

叱る・・しかる

意味の違い

目的 対象
怒る 感情の爆発 目下の人だけでなく、目上の人にも使える
叱る 教育 目下の人に対してのみ

怒る」は、「ただ自分の不満をぶちまけているだけ」なのに対し、「叱る」は、自分より目下の人に対し、「相手のことを思い、悪い点を指摘したり、アドバイスをする」ことを表します。

「怒る」と「叱る」それぞれの意味

「怒る」の意味

「怒る」は、「自分の中にある不満や不快な気持ちを、外に爆発させること」です。自分の感情を相手にただぶつけているだけで、相手のための行為ではありません。

「叱る」の意味

「叱る」は、「自分より目下の相手に対し、より良くなってもらうために、悪い点やふさわしくない行動などを指摘し、それを改めるためのアドバイスをすること」です。そのため、「叱る」本人は冷静な状態である必要があり、感情にまかせて相手を否定したり、理不尽に相手を責め立てるのは「叱る」という行為ではありません。

怒ると叱るの使い分け

教育現場でよく言われる言葉に、「怒るのではなく、叱ることが大事」というのがあるように、「怒る」と「叱る」は全く異なる行為です。

  • 「怒る」は自分の感情を相手にぶつける行為(自分のため)
  • 「叱る」は相手へのアドバイス(相手のため)
精神状態 誰のためか
怒る 感情にまかせて 自分のため 不満をぶちまけること
叱る 冷静 相手のため 改めるべき点を指摘すること

 
 

スポンサーリンク

サマリー

「怒る」と「叱る」の違いは、それが「誰のためか」と「目的」に注目すれば簡単にわかります。

誰のためか 目的 意味の違い
怒る(おこる) 自分のため 感情の爆発 自分の中にある腹立たしい感情の爆発させること
叱る(しかる) 相手のため 教育 悪い点や好ましくない点を注意すること