違いと使い分け!

どこで使うかに注目したら簡単にわかる思うと想うの違いと使い分け

「思う」と「想う」の違いは、以下の通りです。

  • 「思う」:常用漢字
  • 「想う」:常用外漢字

迷ったら、「思う」を使えば間違いありません。

違い 使い分け 意味の違い
思う 常用漢字 常用漢字を使わないといけない時に使う

  • テストなどの教育現場
  • 新聞
  • 公的な文書など
自分の頭で考えたり、感じたことを表す言葉
想う 常用外漢字 私的な手紙やメールなど、常用漢字を使う必要がない場面で使われる 誰かや何かに対する特別な感情を表す言葉

英語表現など、より詳しい説明を知りたい方は、この記事の下で解説していますので、ぜひ読んでみてください。

スポンサーリンク

思うと想うの違いとは?

読み方

思う・・おもう
想う・・おもう

意味の違い

思う・・自分の頭の中に浮かぶ考えやおもいのこと
想う・・目の前にないものに対して、強くイメージすること

「思う」と「想う」それぞれの意味

「思う」の意味

「思う」の意味は、「頭の中で考えたり、感じたりすること」です。

「思う」の「思」という漢字は、「田」と「心」という二つの漢字からできていますが、「田」は「幼児の脳」、「心」は「「心臓」を表していると言われています。

「想う」の意味

「想う」の意味は、「心で相手を思い浮かべること」です。

「想う」の「想」という漢字は、「木」と「目」と「心」という三つの漢字からできています。大地に根付く木を目で見て、心で感じることを表しています。

思うと想うの使い分け

違い 使い分け
思う 常用漢字 常用漢字を使わないといけない時に使われる

  • テストなどの教育現場
  • 新聞
  • 公的な文書など
想う 常用外漢字 私的な手紙やメールなど、常用漢字を使う必要がない場面で使われる

迷ったら、常用漢字の「思う」を使いましょう!

私的な手紙やメールで「想い」を使うと、「相手を大事におもう気持ち」がより伝わる表現になります。

思うと想うの言い回し例

「思う」の例

  • 明日は晴れると思います
  • 将来、医者になりたいと思っている
  • 彼はすごく賢いと思う
  • 将来、大きな家に住みたいと思います

「想う」の例

  • 私の想いを込めたプレゼントを、彼に渡すことができた
  • 私の想いを、なかなか大好きな彼に伝えられない
  • 彼女は、ペットへの想いが強すぎる
  • 彼の祖国を想う気持ちは、とても強い

「思う」「想う」以外にもある「おもう」と読む言葉

「思う」と「想う」の他にも、「おもう」と読む言葉として、「憶う」「懐う」「念う」があります。使われている漢字を見るとなんとなく想像できるように、「憶う」や「懐う」は「過去の忘れられないようなおもい」を表すのに対し、「念う」は「強いおもいや願い」を表す言葉です。

使われている漢字 使い分け
憶う(おもう) 記憶の「憶」 心に思いつづけ、忘れないこと

  • 亡き父を憶う
う(おもう) 懐かしいの「懐」 人や物事を心にとどめ、懐かしくおもうこと

  • 遠い故郷を懐う
念う(おもう) 信念の「念」 一心におもい続けているような強いおもいがあること、一心に願うこと

  • 仏を念う

「思う」と「想う」の英語表現

「思う」と「想う」の英語訳はどちらも「think」

英語には、日本語の「思う」と「想う」のような使い分けがなされている単語がありません。「おもう」を表す単語はいくつかりますが、「思う」と「想う」の英語表現に当てはまる単語は「think」です。英語の「おもう」の基本で、幅広く使える単語です。

「think」以外の「おもう」英語表現

ニュアンスの違い
feel なんとなく「おもう」
consider よく考えた上でそのように「おもう」
believe 根拠があった上でそのように「おもう」

 
 

スポンサーリンク

サマリー

「思う」と「想う」「憶う」「懐う」「念う」の違いは、「常用漢字」か「常用外漢字」かです。
迷ったら、「思う」を使えば間違いありません。

違い 使い分け 意味の違い
思う 常用漢字 常用漢字を使わないといけない時に使う

  • テストなどの教育現場
  • 新聞
  • 公的な文書など
自分の頭で考えたり、感じたことを表す言葉
想う・憶う・懐う・念う 常用外漢字 私的な手紙やメールなど、常用漢字を使う必要がない場面で使われる 「想う」は「特別なおもい」

「憶う」「懐う」は「過去の忘れられないようなおもい」

「念う」は「強いおもいや願い」