「音読み」と「訓読み」の違いは、「聞いただけで意味がわかるかわからないか」です。

違い
訓読み 聞いただけで意味がわかる 日本語に漢字を当てはめた読み方
音読み 聞いただけでは意味がわからない 中国語の発音と同じような読み方

「音読み」と「訓読み」の見分け方など、より詳しい説明を知りたい方は、この記事の下で解説していますので、ぜひ読んでみてください。

スポンサーリンク

音読みと訓読みの違いとは?

意味の違い

音読み・・中国語の発音を元にしているため、聞いただけでは意味がわかりにくい
訓読み・・日本語に、漢字を当てはめた読み方のため、聞いただけで意味がわかることが多い

「音読み」と「訓読み」それぞれの意味

「音読み」の意味

「音読み」は、中国の発音を元にした読み方です。漢字が日本に伝わったのは、5〜6世紀頃と言われていますが、当時遣唐使として中国に派遣された人や留学した僧が、日本に持ち帰ったとされています。

例えば、中国語の「山」の発音は「shan・シャン」で、日本人の耳には「サン」のように聞こえる音です。

「訓読み」の意味

「訓読み」は、日本語に漢字を当てはめた読み方です。

日本に元々あった「やま」という日本語と同じ意味を持つ漢字は「山」だったため、「山」の訓読みは「やま」となったそうです。

音読みと訓読みの見分け方

意味 辞書表記 送り仮名
訓読み 聞いただけで意味がわかる 日本独自の読み方のため「ひらがな つくことがある
音読み 聞いただけでは意味がわからない 外来語のため「カタカナ つかない
  • 「駅」や「席」など読み方が一つしかないものは、「音読み
  • 「本」(ホン)など最後の文字が「」で終わるのは「音読み
  • 濁音やラ行で始まる読み方は、「音読み
  • 読み方が4字以上は「訓読み」 「音読み」の読み方は、必ず3字以下

「音読み」か「訓読み」の見分けに迷ったら、漢和辞典を引くと、「音読み」は「カタカナ」、「訓読み」は「ひらがな」で表記されているので、簡単に確認ができます!
 

スポンサーリンク

サマリー

  • 訓読み」は元々あった「日本語」に漢字を当てはめた読み方なので、聞いただけでも意味がわかる
  • 音読み」は「中国の発音」が元になっている外来語なので、聞いただけでは意味がわからない
違い
訓読み 聞いただけで意味がわかる 日本語に漢字を当てはめた読み方
音読み 聞いただけでは意味がわからない 中国語の発音と同じような読み方