パスタ」は、小麦粉を練って作られるイタリア料理の総称で、「スパゲッティ 」は、何百種類もあると言われている「パスタ」の中の1つの種類の呼び名です。

パスタ・・小麦粉を練って作られたイタリア料理の総称

パスタ 主なパスタの分類 パスタの種類
ロングパスタ フェデリーニ・スパゲッティ など
ショートパスタ マカロニ・ペンネなど
平打ちパスタ タリアテッレ・ラザニアなど

代表的なパスタの種類など、より詳しい説明を知りたい方は、この記事の下で解説していますので、ぜひ読んでみてください。

スポンサーリンク

パスタとスパゲッティ の違いと使い分けは?

パスタ イタリアが発祥の小麦粉から作られる練り製品の総称
スパゲッティ  パスタの中の1つの種類の名前

日本で一般的に普及している「マカロニ」「ペンネ」「ラザニア」なども、それぞれパスタの中の1種になります。

代表的なパスタの種類

パスタの発祥の地イタリアには、何百種類もパスタの種類があり、今でも増え続けているそうです。

ロングパスタ

ロングパスタ」は、太さで分類されます。

カペリーニ 太さ1.0mm〜1.1mm
フェデリーニ 太さ1.4mm〜1.5mm
スパゲッティ ーニ 太さ1.6mm〜1.7mm
スパゲッティ 太さ2mm程度

ショートパスタ

ショートパスタ」は、用途によってさまざまな形状があります。

マカロニ

ペンネ

フジッリ

ニョッキ

その他のパスタ

ラザニア

日本に「パスタ」と「スパゲッティ 」が出回ったのはいつ?

昭和30年代は、「スパゲッティ 」と「マカロニ」のみ

日本の一般家庭でも「パスタ」が手に入るようになったのは、昭和30年代と言われています。ただ、当時は「スパゲッティ 」と「マカロニ」しか日本には出回っておらず、「パスタ」という呼び名は浸透してはいませんでした。

平成に入ってから「パスタ」という呼び名が浸透

平成に入ることにイタリア料理のことを「イタ飯」と呼ぶ「イタリアンブーム」が起き、その頃「パスタ」という呼び名が広く浸透したと言われています。

1972年に発足した「日本マカロニ協会」が、2002年に「日本パスタ協会」へと改名したことから、この頃には「パスタ」という呼び名が広く浸透していたことがわかります。
 

スポンサーリンク

サマリー

パスタ」は、小麦粉を練って作られるイタリア料理の総称で、「スパゲッティ 」は、何百種類もあると言われている「パスタ」の中の1つの種類の呼び名です。

パスタ・・小麦粉を練って作られたイタリア料理の総称

パスタ 主なパスタの分類 パスタの種類
ロングパスタ フェデリーニ・スパゲッティ など
ショートパスタ マカロニ・ペンネなど
平打ちパスタ タリアテッレ・ラザニアなど