「笹」と「竹」は、ずっと剥がれないものが「笹」、外皮が成長によって剥がれるものが「竹」という簡単な見分け方があります。

見分け方(外皮)
茎の節に外皮が残る
成長すると外皮が剥がれ落ちる

外皮以外の見分け方や英語表現など、より詳しい説明を知りたい方は、この記事の下で解説していますので、ぜひ読んでみてください。

スポンサーリンク

笹と竹の4つの違い

笹と竹の違いその1:外皮

外皮
茎の節に外皮が残る
成長すると外皮が剥がれ落ちる


たけのこの皮」が、「竹の皮」です。たけのこが成長すると共に、竹の皮も自然に剥がれ落ちます。

笹と竹の違いその2:成長後に節から出てくる枝の数

成長後に節から出てくる枝の数
5〜6本
2本

このように、竹の節という場所から枝が生えてくるのですが、このイラストのように2本だと「」、沢山生えていたら「」になります。

笹と竹の違いその3:葉脈

肉眼で区別するのは困難ですが、葉っぱの模様が異なります。

葉脈
平行
格子

笹の葉」は、このようにたてに伸びる平行脈

竹の葉」は、このように格子状の葉脈

笹と竹の違いその4:生息地

主な生息地
寒冷
温暖な地域

笹と竹:大きさだけでは区別できない!

8メートルほどの笹、2メートルほどの竹も存在する!

基本、「竹」は何メートルもの高さに大きく育ち、「笹」は人間の背丈ほどの高さまでしか育ちませんが、厳密に大きさだけで区別することはできません。

なぜなら、笹の中にも8メートルほどにもなる巨大な笹がありますし、竹でも2メートルほどにしかならない小さな種も存在するからです。

笹と竹の共通点

どちらも、「イネ科タケ亜科」の植物です。

共通点
イネ科タケ亜科の植物

笹と竹の英語表現

英語表現
sasa(ササ) 日本特有の植物とされているため、そのまま”ササ”と呼ばれています。
bamboo(バンブー)

 
 

スポンサーリンク

サマリー

  • 「笹」と「竹」は、どちらも「イネ科タケ亜科の植物
  • ずっと剥がれないものが「笹」
  • 外皮が成長によって剥がれるものが「竹」
共通点
イネ科タケ亜科の植物
外皮 節から出てくる枝の数 葉の模様 大きさ 主な生息地

sasa

茎の節に外皮が残る 5〜6本 格子状 小さめ 寒冷地

bamboo

成長すると外皮が剥がれ落ちる 2本 平行 大きめ 温暖な地域