生長」と「成長」は「動植物が大きく育つ」という意味を持ち、基本的な意味は同じです。

しかし、「生長」は「動植物限定」、「成長」は動植物以外のものの「規模が大きくなる」という意味があります。

  違い 使い分け:対象
生長 動植物が大きく育つこと 動植物限定で使われる
成長
  • 動植物が大きく育つこと
  • 動植物以外のものの規模が大きくなること

動植物以外にも使われる

  • 経済が成長
  • 事業が成長など

教科書での使い分け」などより詳しい説明を知りたい方は、この記事の下で解説していますので、ぜひ読んでみてください。

スポンサーリンク

「生長」と「成長」の違いとは?

読み方

生長・・せいちょう
成長・・せいちょう

基本的な意味は同じ

どちらも「動植物が大きく育つこと」という意味を持ち、違いはありません。

「生長」と「成長」の違い

成長」にだけ「規模が大きくなること」という意味があるという違いがあります。

  規模が大きくなること」という意味の有無
生長 無:ない
成長 有:ある

「生長」と「成長」の使い分け

  使い分け
生長 動植物限定で使われる
成長

動植物以外にも使われる

  • 経済が成長
  • 事業が成長など

教科書における「生長」と「成長」の使い分け

教科書で使用する専門用語の表記は、原則として文部科学省の『学術用語集』に従っています。

以前の『学術用語集』には植物は「生長」、動物は「成長」と記載されていました。しかし昭和31年(1956年)の『学術用語集』改訂により、現在は動物・植物問わず「成長」という表記に統一することになっています。

そのため、迷ったら「成長」を使えば間違いありません。

  以前 改定後(現在
学術用語集:植物学編 生長 成長
学術用語集:動物学編 成長 成長

 

スポンサーリンク

サマリー

  • 生長」と「成長」は「動植物が大きく育つ」という意味を持ち、基本的な意味は同じ。
  • 生長」は「動植物限定」、「成長」は動植物以外のものの「規模が大きくなる」という意味がある。
  違い 使い分け:対象
生長 動植物が大きく育つこと 動植物限定で使われる
成長
  • 動植物が大きく育つこと
  • 動植物以外のものの規模が大きくなること

動植物以外にも使われる

  • 経済が成長
  • 事業が成長など