氏名」と「姓名」はどちらも「名字と名前」という全く同じ意味を持つ言葉です。ただし、「氏名」は「行政用語」という違いがあります。

迷ったら「氏名」を使えば間違いありません!

  違い 使い分け 意味は同じ
氏名 行政用語

行政手続き」ではこちらが使われる

名字と名前
姓名 法律のしばりがない一般的な表現

行政手続き以外」で使われる

より詳しい説明を知りたい方は、この記事の下で解説していますので、ぜひ読んでみてください。

スポンサーリンク

「氏名」は「行政用語!」

氏名」は、明治政府が戸籍を作る際に作った行政用語です。そのため、今でも「行政手続き」では「氏名」が使われています。

行政手続きをする場合

本名 洋子  旧姓:中村 洋子

行政手続きをする氏名欄には、戸籍法上の「本名である「加藤 洋子」を記入しないといけない。 

行政手続き以外の書類の場合は、「氏名」とあれば一般的には「本名」が使われます。ただし、会社の手続きなどでは「氏名」「姓名」の両方が使われる場合もあります。その際は、「旧姓」を使用しても大丈夫です!

  違い
氏名 行政手続きでは、こちらが使われる! 本名加藤 洋子  
姓名   本名加藤 洋子 旧姓:中村 洋子

「氏名」と「姓名」の違いとは?

読み方

氏名・・しめい
姓名・・せいめい

意味は同じ

意味に違いはありません。

  意味は同じ
氏名 名字名前
姓名

     

スポンサーリンク

サマリー

  • 氏名」と「姓名」はどちらも「名字と名前」という全く同じ意味を持つ言葉。
  • 氏名」は「行政用語」という違いがある。
  • 迷ったら「氏名」を使えば間違いない!
  違い 使い分け 意味は同じ
氏名 行政用語

行政手続き」ではこちらが使われる

名字と名前
姓名 法律のしばりがない一般的な表現

行政手続き以外」で使われる

関連記事】