「シャベル」と「スコップ」の明確な違いは、2つだけです!1つは「JIS規格での規定」、もう1つは「語源の違い」です。

違い①(JIS規格) 違い②(語源)
シャベル(ショベル) 足をかける部分がある 英語の「shovel」
スコップ 足をかける部分がない オランダ語の「schop」

より詳しい説明を知りたい方は、この記事の下で解説していますので、ぜひ読んでみてください。

スポンサーリンク

シャベルとスコップの違いとは?

意味の違い:JIS規格

シャベル(ショベル)・・足をかける部分がある
スコップ・・足をかける部分がない

JIS規格:ショベルとスコップ

語源の違い:shovelとschop

本来、「英語のシャベル」と「オランダ語のスコップ」は同義語です。

語源 意味
シャベル(ショベル) 英語 土を掘るための道具
スコップ オランダ語

JIS規格と語源以外の明確な違いはない!!

「シャベル」と「スコップ」は元々同じものを違う言語で呼んでいただけで、明確な違いはありません。

大きさの大小、地域や用途にによって呼び方を使い分けしたりしていますが、はっきりと区別する基準があるのはJIS規格の規定だけです。
 

スポンサーリンク

サマリー

「シャベル」と「スコップ」の明確な違いは、日本国内では1つしかありません!JIS規格で足をかける部分があるのが「シャベル(ショベル)」ないのが「スコップと規定されています。

違い①(JIS規格) 違い②(語源)
シャベル(ショベル) 足をかける部分がある 英語の「shovel」
スコップ 足をかける部分がない オランダ語の「schop」