ZERO(ゼロ)」と「零(レイ)」の違いは、以下の通りです。

意味の違い 使い分け
ZERO(ゼロ) 何もない 何もない時のみ使われる
零(レイ) 何もない、わずか わずかにある時にも使われる

より詳しい説明を知りたい方は、この記事の下で解説していますので、ぜひ読んでみてください。

スポンサーリンク

ZERO(ゼロ)と零(レイ)の違いとは?

ZERO(ゼロ)は英語、零(レイ)は漢語

違い
ZERO(ゼロ) 英語(外来語)
零(レイ) 漢語(日本語)

意味の違い

意味の違い
ZERO(ゼロ) 全く何もないこと
零(レイ) 全く何もないこと、わずかきわめて小さいこと

「ZERO(ゼロ)」と「零(レイ)」それぞれの意味

「ZERO(ゼロ)」の意味

「ZERO(ゼロ)」の意味は、「全く何もないこと」です。

「ゼロ」の概念は紀元前のインドで生まれ、その後ヨーロッパに伝わったと言われています。

「零(レイ)」の意味

「零(レイ)」の意味は、「全く何もないこと、わずかきわめて小さいこと」です。

「何もない」という意味に加えて、「きわめて小さい」という意味でも使われる言葉です。

ZERO(ゼロ)と零(レイ)の使い分け

使い分け
ZERO(ゼロ) 全く何もないことを表す時に使われる
零(レイ) 全く何もないことに加えて、わずかにあることを表す時にも使われる

一般の会話での読み方

一般の会話では、響きや言いやすさによって「ゼロ」か「レイ」で使い分けされています。

電話番号を読む場合:一般の会話

ゼロ」も「レイ」も使われています。

  • 090-  (ゼロ・キュー・ゼロ)、「レイ・キュー・レイ」

放送での読み方

放送では、数字は原則として日本語読みとされています。そのため、「レイ」と読まれます。

0の読み方

  • 日本語読み:「レイ
  • 英語読み:「ゼロ

ただし、固有の読みが決まっているものや、「ない」ということを強調する場合は「ゼロ」を使うこともあります。

電話番号を読む場合:放送

原則「レイ」が使われる

  • 東京03-  とうきょう「レイ・サン」

天気予報の「降水確率0%」の読み方!

降水確率「0%」は、正確には0%〜4%までのこと

天気予報の降水確率「%」は、必ず「レイパーセント」と読まれます。

  • ○「レイパーセント」
  • ✖︎「ゼロパーセント」

降水確率は1%の位は四捨五入されるため、降水確率「0%」は、正確には降水確率「0%〜4%」のことを指します。

そのため「降水確率0%」は、雨が降る可能性が全くないという意味ではありません。

ZERO(ゼロ)の歴史!

数学が生まれて3千年以上も「ゼロ」という概念はなかった?

ZERO(ゼロ)の概念が、紀元前のインドで生まれたのはよく知られていることです。ただそれが確立されたのは、5世紀頃のインド数学と言われています。

数学紀元前2500年以上前から存在します。

ということは、数学という学問が生まれてから「3000年以上」も、ZERO(ゼロ)の概念はなかったことになります。

インドから世界に広まった「ZERO(ゼロ)!」

インドで使われ、アラビア数字の形でヨーロッパに導入された

  • 紀元前インドで誕生
  • 5世紀頃:インド数学で確立、その後中国中東でも定着
  • 773年バクダッドに伝わる。アラビア数字に、「0」の表現を真似た「0」が加えられる。
  • ヨーローパに伝わる。
  • 1600年頃までには、ヨーロッパ全体に広まった。

イタリアでは、「ゼロ」の使用を法律で禁止していた?

ヨーロッパ社会では、数百年以上「ゼロ」を受け入れられず、イタリアでは「ゼロ」の使用が法律で禁止されていたことがあります。

「ゼロ」が受け入れられなかった理由は、古代の大哲学者「アリストテレス」「ゼロ」を嫌っていたからです。

彼は、「空虚」や「無限」を嫌っており、「何もない」ことを表す「ゼロ」を認めることができなかったそうです。

「アリストテレス」は、当時の権力者「アレクサンドロス大王」の学問の師匠でもありました。そのため、「アリストテレス」の教えがヨッロッパ全土に根付いており、結果、ヨッロッパ社会では「ゼロ」が受け入れられなかったと言われています。

ヨッロッパ社会で「0」が受け入れられるようになった理由!

1202年、フィボナッチ数列で有名な「フィボナッチ」が、『算盤の書』という本を出版。アラビア数字を紹介しました。

アラビア数字が計算に便利なことから、商業が盛んになってきていたヨーロッパで大ヒット!

商業にとって便利なものの使用を止めることができず、「アラビア数字」そして「ゼロ」がヨッローパ全体に広まっていったとされています。
 

スポンサーリンク

サマリー

意味の違い 使い分け
ZERO(ゼロ) 何もない 何もない時のみ使われる
零(レイ) 何もない、わずか わずかにある時にも使われる