「目」と「眼」は、どちらも体のパーツの「」を表す漢字ですが、「指している場所」が違います。

違い  使い分け
眼球 医学など、専門的な表現として使われる
眼球・まぶた・目頭・目尻  一般的な表現として使われる

細かい意味など、より詳しい説明を知りたい方は、この記事の下で解説していますので、ぜひ読んでみてください。

スポンサーリンク

目と眼の意味の違いとは?

目の意味

体のパーツとしての「め」を表す言葉で、眼球だけでなく、まぶたや目頭・目尻も含む「め」の広い範囲が含まれています。日常生活の中で「め」を漢字で書く場合は、一般的にはこちらが使われます。

眼(まなこ)の意味

主に医学や生物学など、専門的な表現をする際に使われる言葉で、日常生活の中で使われることはあまりありません。「目」が「目全体」を指す言葉に対し、「眼」は眼球のみを指す言葉です。

ちなみに、眼(まなこ)には「目の子」という意味があり、本来は黒目(瞳孔)のみを指す言葉だったそうです。

目と眼の使い分け

使い分け 表す部位
日常生活 目全体
専門的表現 眼球のみ

サマリー

違い  使い分け
眼球 医学など、専門的な表現として使われる
眼球・まぶた・目頭・目尻 一般的な表現として使われる