「ポカリスエット」と「アクエリアス」の違いは「飲む目的」で、「成分」に微妙な違いがあります。

  飲む目的 成分の違い
ポカリスエット 体調不良時の、水分と栄養補給に適している ナトリウム(塩分)炭水化物が多く含まれている
アクエリアス 運動時水分補給と、疲労回復に適している アミノ酸クエン酸が多く含まれている

より詳しい説明を知りたい方は、この記事の下で解説していますので、ぜひ読んでみてください。

スポンサーリンク

「ポカリスエット」と「アクエリアス」の違いとは?

発売元

ポカリスエット・・大塚製薬 1980年発売開始
アクエリアス・・日本コカコーラ社 1983年発売開始

名前の由来の違い

ポカリスエット・・明るく爽やかな響きの『ポカリ』+英語で「汗sweat」を意味する『スエット
アクエリアス・・水瓶座のラテン名『アクアリウスAquarius」の英語読み『アクエリアス

甘味料の違い

甘味料が違うため、飲み比べた時の甘味の感じ方にも違いが出てきます。

  甘味料の違い
ポカリスエット 砂糖やぶどう糖果糖液糖
アクエリアス スクラロース(ノンカロリーの人工甘味料)

「ポカリスエット」と「アクエリアス」の特徴

「ポカリスエット」の特徴

「ポカリスエット」の特徴は、「栄養補給ができる」ことです。

点滴に使われる生理食塩水と同じ成分で、体に取り込まれやすいため、効率的に「水分」と「栄養」を補給することができます。

「アクエリアス」と比べて、ナトリウム(塩分)炭水化物が多く含まれており、カロリーも「ポカリスエット」も方が高めで、食欲がない時のエネルギー補給にも適しています。

100mlあたりのカロリー

  • ポカリスエット・・27kcal
  • アクエリアス・・19kcal

「アクエリアス」の特徴

「アクエリアス」の特徴は、「疲労回復効果がある」ことです。

アミノ酸とクエン酸には、疲労回復効果がありますが、「アクエリアス」は、アルギニン、イソロイシン、バリン、ロイシンという4種のアミノ酸と、クエン酸を多く含んでいます。

「ポカリスエット」は「飲む点滴」?

「ポカリスエット」は、「飲む点滴」をコンセプトに、「失った水分と栄養を一度に補える飲み物」として開発されました。

手術を終えたお医者さんが、栄養補給に点滴を飲んでいたこと」から開発のヒントを得たそうです。

点滴は、体調不良の患者さんに、水分と栄養を補給するために行うものですが、大塚製薬はその点滴を作っており、点滴の成分を元に飲みやすいように味付けしたものが「ポカリスエット」です。

そのため「ポカリスエット」の成分は、点滴とほぼ同じになっているそうです。
 

スポンサーリンク

サマリー

  • 「ポカリスエット」と「アクエリアス」の違いは「飲む目的
  • 成分」に微妙な違いがある
  飲む目的 成分の違い
ポカリスエット 体調不良時の、水分と栄養補給に適している ナトリウム(塩分)炭水化物が多く含まれている
アクエリアス 運動時水分補給と、疲労回復に適している アミノ酸クエン酸が多く含まれている

関連記事】