能率」と「効率」それぞれを計算式にすると、次の通りです!

より詳しい説明を知りたい方は、この記事の下で解説していますので、ぜひ読んでみてください。

スポンサーリンク

「能率」と「効率」の違いとは?

読み方

能率・・のうりつ 
効率・・こうりつ

意味の違い

能率」と「効率」の違いは、計算式にした時の「分母です。

どちらも「こなせる仕事の割合(率)」を指す言葉ですが、何に対する割合なのかという点に違いがあります。

  違い:何に対する割合なのか
能率 費やした時間
効率 費やしたエネルギー

「能率」と「効率」の使い分け

  使い分け
能率 計算式の分母が時間の時に使われる
効率 計算式の分母がエネルギーの時に使われる

「能率がいい」と「効率がいい」の違い

  意味の違い
能率がいい より少ない時間で、より多くの仕事ができること
効率がいい より少ないエネルギーで、より多くの仕事ができること

「能率」と「効率」の英語表現

能率」と「効率」の英語表現は、どちらも「efficiency」です。

  英語表現
能率 efficiency(エフィシェンシー)
効率

 

スポンサーリンク

サマリー

  • 能率」と「効率」の違いは、それぞれを計算式にするとよくわかる!
  • どちらも「こなせる仕事の割合(率)」を指す言葉ですが、何に対する割合なのかという点に違いがある。